×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[凛一シリィズ] 氷川 & 凛一





「何で名前で呼んでくれないんだ、」

 氷川さんは何気なく聞いたんだろうけど、

「ないしょです。」

 ぼくの思わせ振りな返事に、子どもみたいに教えてくれと訊いてくる。

 享介と呼ぶのに抵抗があるのは、実にくだらない理由。

 例えば女ともだちは享介と呼び捨てにするか、氷川くん。ラグビー部のチームメイトは氷川とか、享介で、年下の人なら氷川先輩と呼ぶのだろう。でも氷川さんって呼ぶの人は、あまり居ないんぢゃないかと思う。

 他の人とは違う呼び方は、たくさんの人に囲まれた氷川さんへの、ぼくの精一杯のアピール。

「教えろよ、凛一。」

「他の人と同じは嫌なんです。」

 氷川さんは納得いかない顔をしてたけど、くわしく説明するつもりはない。いつか氷川さんが、ぼくだけを見てくれるようになったら。その時は「享介」と名前で呼んでも良いかな、と思う。







ちょっぴり小悪魔チック?な凛一
教師や上級生も適当にあしらって
きたって原作にも書いてたので…





戻る