×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[超少年] ピエロ−α & ピエロ−β





「失敗したんだって、第二王子と。」

 βが聞くと

「あぁ。」

 αは面倒くさそうに答えた。

「わざとだろう。」

 熱くなって詰め寄るβを見ても

「それを言う為に病院まで来たのか、」

 αはいつも通り、冷静なままだった。

「そんなに王子が…第一王子が好きなの、」

 落ち着いたβが静かに呟くと、αは曖昧に微笑んだ。

「ぼくにはきみの考えてることが理解出来ないよ。」

「当たり前さ、どんなに外見が似ていても、きみとぼくは違うんだもの。」

 βは何だか突き放されたように感じて苦しかった。

 頬を拭う指も、重なった唇も自分と寸ぶん違わぬ色と形をしている。

 けれど相手がαだから嫌になるほど鼓動は高まるのだった。

 陽に温められた海の、波間を漂うような穏やかで優しい触れ合い。

 でも錯覚してはいけない彼の手は王子のためにあるのだから。

「お願いもう少しだけ……」

 αは泣きたくなるように優しいキスをくれた。

 今だけ、きみはぼくのもの。







βの不器用さが愛しくてたまり
ません…αのことは早く忘れて
第二王子かγと幸せにおなりよ





戻る