×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[ぼくはこうして大人になる] 七月 & 一





「イッくん顔赤いよ。」

 いきなり近付いてくる七月。額でも触るつもりだろうと思って油断していたら、腕を伸ばすどころか、躰ごと一の側ににじり寄って、首筋へと顔を埋めた。

「やっ……」

 触れ合う頬と頬、頸に触れた唇は、いつもより速く脈打つ上を辿っていく。思わず身震いしてしまい、一が七月の肩に腕を伸ばそうとすると、あっけなく離れていった。

「な、何するんだよ、」

 赤面して怒るぼくと違って、七月は平気な顔をして

「熱を測っただけさ。」

 と言い張った。

「微熱ってとこか、偏桃腺も腫れてないし。」

 まだ赤みの消えない一の頬に、手を当てると

「ほら、ぼくの手冷たいだろう。だからいつも頬か唇で熱を測るんだ。ごめん気に障った、」

 そんな哀しそうな睛をするなんて、反則だ。

「そういう訳ぢゃ…恥ずかしかっただけ。」

「半分はわざとなんだ。」

 耳元に囁かれてまた頬に血が上る。

「え、」

「さっきからぼくのこと考えてたんだろう、」

 なんて自信家なんだろう。まぁ実際七月の事を考えていたんだけど。

「もう絶対に教えてやらない。」

 口を開けば負けてしまう、と黙り込んだが、これでは肯定しているのと同じかも知れない。







我が家では小さい頃こういう
ことしてたなーと思い出して
2人にやらせたら楽しかった





戻る