×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[豆蔵辞典] 麻旗 & 布旗





 上の兄の麻旗が、文机に向かい書き物をしていた。

 頭を少し左へ傾けて、ピンと背筋を伸ばしている。意外に広い背中が好きなんだけど、そう長くは見ていられない。振り返らせたくって、仕様がない。

 ギュと抱き付くと兄が振り返る。

 肩にすがりつくようにして膝の上に乗ると、暖く大きい手が背中を撫でてくれた。

「どうした、」

「なんでもないよ。」

 知らぬ振りをして抱きつくと抱きしめてもらえる。

 兄にすれば、犬か猫でも構っている気分なんだろうけど、ぼくはそれで満足。

 いつまで経っても子ども扱いされるのは嫌なのに、こんな風に甘えられるなら悪くないと思えてしまう。

 我ながら単純。







鈍感な麻旗兄が堪りません!ラブ!
誰か豆蔵の話書いてくれないかな…





戻る